陰陽五行説に基づくと内臓がどの五行に対応するか?

陰陽五行説に基づいた東洋医学では、主要な内臓が木火土金水の五行に対応していると考えます。

各内臓のバランスを整えて、水と血と気の流れを良くすることで、あらゆる病気が改善するようになるというのが東洋医学です。

西洋医学と言うのは、患部を切断する等して除去したりすることも多いですが、東洋医学では、それをほぼせずに、食事改善や気功や生薬等で内部から治すようになります。

臓器を取り除くことで、体のバランスが崩れるので、東洋医学では、臓器の切除等には、反対する立場をとります。

どの五行がどの臓器に対応するかを以下に記載します。

肝臓と胆嚢 → 木(根を張るような形状だから)
心臓と小腸 → 火(激しく燃えるように動くから)
脾臓と胃 → 土
肺臓と大腸 → 金
腎臓と膀胱 → 水(水に関する臓器だから)

先に書いている肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓は、中身が詰まっている臓器のため陰であり、後に書いている胆嚢、小腸、胃、大腸、膀胱は、管になっている、あるいは管の役割を果たすため陽となります。

なお、肝臓は神経等も含め、腎臓は脳、骨、脊髄等も含めます。

それぞれの、臓器は関連しあっているため、臓器のどれかが悪くなると、他の臓器にも悪影響が現れます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ